インディアンウオッチの名前の由来(インドの磁場と時差)

インディアンウオッチの名前


どうして、インド占星術が良く当たると、言われるのか。
何故、占星術がインドで発達したのか。
アガスティアはじめとする聖人たちは、なぜ過去未来を記すことができたのか。
手相を見ただけで生年月日がわかるような聖人がいるのは何故か。
その素地は何なのか。理由が知りたいとずっと考えています。

今の私なりの考察ですが、
私は地球上におけるインドの地理的位置が関係しているような気がしています。
上の画像をご覧ください。(インド洋にある広大な「重力の穴」 Business insiderより)インド、ヒマラヤ、チベット辺りは濃い青色が多くあり、とても磁場が強いことがわかります。

TDKのHPにはこんな記述も。
インド洋にはまるごと磁石でできた巨大な岩があるらしく、知らずに近づいたが最後、たちどころに舟底の鉄釘をポンポン引き抜かれて一巻の終わりというから、チベット辺りの高僧が宙に浮かんだところで別段腰を抜かすほどのことではなかった。

地球は磁石。
その中でも特に磁場の強いヒマラヤやインドという土地は、宇宙と繋がりやすい場所なのかもしれません。
世界の屋根と言われるヒマラヤ山脈が、宇宙と繋がるための磁場アンテナのように思えてきます。
人間に流れる微弱な生体電流は、磁場の強い場所で反応しやすくなるのでしょう。
瞑想、修行により、チャクラが開き、一般の人々より強力なエネルギーの流れを持つ聖人たちの脳が、宇宙からのメッセージを受け取り、叡智を授かることが出来たとしても不思議ではありません。
(実際、聖人たちの脳波、電気信号は占星術のリーディングを行っている際に、非常に強まることが計測でわかっているそうです。)
聖人たちが繋がるのは、過去も未来も全部存在するという、アカシックレコード(宇宙図書館)という場なのかもしれない、と思い馳せます。

さて、私はご依頼をいただいた方の出生時間をインド標準時間(ヒマラヤの麓に近い北インドのニューデリー)に直してからホロスコープを作成しています。日本時間に合わせておりません。
何故なら、その方がどこの国でお生まれになろうと、宇宙と繋がりやすいインドに立って、その方が生まれた瞬間の宇宙を切り取り、作成したいと思っているからです。

人間が生活しやすいようにと便宜上区切った”時差”、そしてまた、戦争によって変わり続ける”国”という概念は、宇宙の前では要らないのではないかと思っております。

インディアンウオッチという名前は、宇宙と繋がるアンテナの地であるだろうと私が考える土地”インド”から見た、誰かが地上に誕生したその瞬間の”時間”を表しています。

コメント