西洋占星術とインド占星術の太陽星座の違い

西洋占星術とインド占星術

「今日の双子座の方の運勢は・・・」等という、雑誌やテレビなどでご存知の方が多い「○○座」は、西洋占星術です。
あなたが生まれた時に、太陽がどこの星座サインに居たかによって決められます。

インド占星術では、どうでしょう。西洋占星術と同じようにあなたが生まれた時の太陽の位置で決まるのですが、実は位置がおおよそ25度程もずれます。

どうしてそんなずれが出来たのでしょう。
ご存知の通り、地球の地軸はすりこ木状の回転運動(歳差運動)をしています。その歳差運動から生まれるずれを西洋占星術は採用し、インド占星術は採用しませんでした。そのために違いができました。

西洋占星術(グレゴリオ暦)では、毎年3月21日に春分点を定め、その春分点に太陽が回帰する瞬間を一年の始まりとしました。(回帰年の採用です)一方、インド占星術では、牡羊座を構成する恒星群の、ある恒星に太陽が来た時を太陽の牡羊座入り(メーシャ サンクランティ)としてお祝いしてきました。(恒星年の採用です)

では、どうしてインド占星術では地球の地軸の歳差運動を考慮しなかったのでしょう。
歳差運動を知らなかったのではなく、牡羊座のインドでは月の動きを大切にしている古代からの暦を重要視したため、というみかたがあるそうです。

さて、このように大きな違いを持つ二つの占星術ですが、地球の地軸の回転運動の周期は、約26000年と言われていて、現在おおよそ25度程度のずれは、これからも少しずつ広がっていき、やがて30度に達する時が来ます。
つまりひと星座まるっと変わることになるわけです。例えば、西洋占星術で魚座の人は、インド占星術では完全に水瓶座になってしまうということです。
そして、季節や宗教のお祝行事の季節のフィーリングが全く変わってしまうので、インドの占星術の会議では討論もされているそうです。確かに、1年の始まりとも言える太陽の牡羊座入りのお祭りがインドでは既に暑い時期というのは、残念ながら、確かにちょっと違う感じがしますね。

以下に、西洋占星術とインド占星術の太陽星座の違いを記しました。ご参考になれば幸いです。
例:4月25日生まれの方は、西洋占星術では牡牛座、インド占星術では牡羊座になります。

※西洋占星術、インド占星術いずれも境目の日は毎年少しずれます。
※下記のデータ2024年版です。西洋占星術:日本データ(コンピューター) インド占星術:インドデータ(パンチャーング)

山羊座(サイン)

西洋占星術・・・12月22日~1月19日
インド占星術・・・1月15日~2月13日

水瓶座宮

西洋占星術・・・1月20日~2月18日
インド占星術・・・2月14日~3月14日

魚座宮

西洋占星術・・・2月19日~3月20日
インド占星術・・・3月15日~4月13日

牡羊座

西洋占星術・・・3月20日− 4月18日
インド占星術・・・4月14日~5月14日

牡牛座

西洋占星術・・・4月19日− 5月19日
インド占星術・・・5月15日~6月14日

双子座

西洋占星術・・・5月20日− 6月20日
インド占星術・・・6月15日~7月16日

蟹座

西洋占星術・・・6月22日− 7月22日
インド占星術・・・7月17日~8月16日

獅子座

西洋占星術・・・7月23日~8月22日
インド占星術・・・8月17日~9月16日

乙女座

西洋占星術・・・8月23日~9月22日
インド占星術・・・9月17日~10月17日

天秤座

西洋占星術・・・9月23日~10月23日
インド占星術・・・10月18日~11月16日

蠍座

西洋占星術・・・10月24日~11月21日
インド占星術・・・11月17日~12月15日

射手座

西洋占星術・・・11月22日~12月21日
インド占星術・・・12月16日~1月14日






コメント