師弟継承 口伝伝承 

インド占星術

インドでは昔、専門的な学術書はサンスクリット語の韻文で書かれ、暗唱されていたそうです。

学問を目指すものは、必ず習得しなければならなかったサンスクリット語。
数学や、天文学においても。

複雑な天文計算の方法や、
数表も
天文学の桁数の多い数字も
単語を当てはめ作詞し、詠われました。
とてつもない語彙力とセンスが問われます。

師と、その師から選ばれた弟子が 集中し暗唱する。
サンスクリット語の音が、周囲に響き渡っていたことでしょう。

美しさを感じます。










コメント