星が人間に影響を及ぼす

星の影響

星が、人間に影響を及ぼす?そんなことあるわけがない。
占星術を学ぶまで、そう思っていました。

しかし、よく考えてみたら、月という身近な星は、女性の生理(月経)に大きな影響があることを思い出しました。
満潮干潮、いろいろな生物の出産、事故の数等に関係あることは、生理を経験したことない男性の方も、占いに興味がない方も、聞いたことがあるかもしれません。
最近では、太陽フレア、黒点なども地球の気候に影響を及ぼしていることをニュースで耳にするようになりました。
地球に影響するくらいだから、地上の私たち人間がその影響を受けていないはずはないでしょう。

星から受ける影響を研究してきた占星術は、天文学と数学とセットで発展してきた分野です。
星と星の角度など天体観測と天文学的数字の計算しなくては成し得ないから当然と言えば、当然ですが、雑誌のエンタメ系占いに慣れていた私にはそんなことに考えが及ぶはずもありません。

16世紀、「ケプラーの法則」で有名なヨハネス・ケプラーは数学者であり、天文学者であり、自然哲学者であり、天体物理学者であり、占星術師だったと知った時には、驚きました。昔は天文学も数学も哲学も占星術も入り混じりながら存在し得た世の中だったのかもしれません。

さて、昔の西洋占星術では7つの惑星(太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星)を、現代の西洋占星術では、トランスサタニアン(天王星、海王星、冥王星)含む11の惑星の影響を読み解きます。(太陽も月も地球から見たら、12星座のように固定せず動いてますから惑星の仲間入りとします)更に、小惑星の影響も加味される占星術師の方も多いようです。インドから伝わったラーフ、ケートゥは、ドラゴンヘッド、テイルとして取り入れられました。

一方、古代インド占星術では、基本9つの惑星(太陽、月、火星、水星、木星、金星、土星、ラーフ、ケートゥ)を読みます。ラーフとケートゥは星ではないのですが、惑星として取り扱われるようになりました。トランスサタニアンは含みません。

どちらも、それぞれが持つ背景(文化、宗教、哲学)や時代から、違う読み方があると思います。まして、現代にあてはめると、昔と違って当たり前ですよね。
切り口が違っても、其々の見方で宇宙の神秘に触れ、英知を授かることができるのではないかと感じています。

星が私たちにどのような影響を及ぼしているのか。
占星術を生かして、今回与えられた人生を悔いなく生きたいなと思います。

さあ、それでは星を感じてみましょう。
身近な月。
今日はどんなものを食べたくなりましたか。

不規則な動きに見える水星。
どんな予期せぬことがありましたか。

コメント